セミナー情報

2021年12月23日

TKC九州会熊本支部会員様及び職員様向け研修会

先日、TKC九州会熊本支部様主催の研修会にて、代表の中嶋が「遺産整理業務」について講師を務めさせていただきました。

 

 

「遺産整理業務」とは、相続財産の調査・管理・処分に関する業務の総称です。

 

この度の研修会では、主に税理士の先生や税理士事務所にお勤めの方がご参加の予定でしたので、相続人の方から委任を受けて代行で行う遺産の調査・承継に関する業務について、基本的な手続きの流れを2回に渡り解説させていただきました。

 

相続人の方には、亡くなられた方が不動産を所有されている場合は相続登記に関して司法書士事務所へ、相続税の申告に関しては税理士事務所へご相談していただくことになりますが、遺産整理業務自体は委任契約を結べば士業の者以外でも行えますので、司法書士事務所でも税理士事務所でも業務を行うことが出来ます。

 

(1)税理士事務所で遺産整理業務を取り扱うメリット

 

・相続税申告業務の付加価値

・相続税申告が必要でない場合でも手続きを受託可能

 

(2)司法書士事務所と遺産整理業務を連携するメリット

 

・相続財産確定の早期化

・財産評価や申告書作成等の専門分野への注力

 

いざ、家族が亡くなったとき、相続手続をしないといけないと言われても初めてのことで何から手をつければいいのかわからない。

相続人が遠方に住んでいたりで手続きが進まない。

忙しくて相続手続きを進める時間が取れそうにない。

 

このようなご相談を受けることは非常に多いです。

 

また、従来の遺産整理業務では取り扱いのなかったネット預金、投資信託、クレジットカード債務など相続財産も多様化しており、手続きが複雑化していますので、今後遺産整理業務の需要はますます増えていくことでしょう。

専門家として、このようなご相談に柔軟かつ的確にお応えしていくためのスキルが必要となっていきます。

今後も「遺産整理業務」の勉強会やセミナー等のご依頼を受け付けておりますので、ご興味のある方はぜひご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせください